産経ニュース

評論家の渡部昇一氏が死去 第1回正論大賞、「知的生活の方法」など著書多数

ライフ ライフ

記事詳細

更新


評論家の渡部昇一氏が死去 第1回正論大賞、「知的生活の方法」など著書多数

渡部昇一氏  渡部昇一氏 

 本紙正論メンバーで第1回正論大賞を受賞した英語学者・評論家で上智大名誉教授の渡部昇一(わたなべ・しょういち)氏が17日午後1時55分、心不全のため東京都内の自宅で死去した。86歳だった。葬儀・告別式は親族で行う。喪主は妻、迪子(みちこ)さん。後日、お別れの会を開く。ここ数日、体調を崩していた。

 昭和5年、山形県鶴岡市生まれ。上智大大学院修士課程修了後、独ミュンスター大、英オックスフォード大に留学。帰国後、上智大講師、助教授をへて教授に。専門は英語学で、「英文法史」「英語学史」などの専門書を著した。

 48年ごろから評論活動を本格的に展開し、博学と鋭い洞察でさまざまな分野に健筆をふるった。51年に「腐敗の時代」で日本エッセイスト・クラブ賞を受賞。同年に刊行された「知的生活の方法」は、読書を中心とした知的生活を築き上げるための具体的方法を論じ、100万部超のベストセラーとなった。

続きを読む

このニュースの写真

  • 評論家の渡部昇一氏が死去 第1回正論大賞、「知的生活の方法」など著書多数
  • 評論家の渡部昇一氏が死去 第1回正論大賞、「知的生活の方法」など著書多数

「ライフ」のランキング