産経ニュース

【第29期女流名人戦】三番勝負第1局(3)流れつかむも謝が痛恨の一手

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【第29期女流名人戦】
三番勝負第1局(3)流れつかむも謝が痛恨の一手

藤沢里菜女流本因坊に敗れ、感想戦をおこなう謝依旻女流名人=1日、京都市上京区の平安女学院大学(寺口純平撮影) 藤沢里菜女流本因坊に敗れ、感想戦をおこなう謝依旻女流名人=1日、京都市上京区の平安女学院大学(寺口純平撮影)

 黒 女流本因坊 藤沢 里菜

 白 女流名人  謝 依旻

 【83~123】持ち時間各3時間

 先番(黒)6目半コミ出し

 10連覇を目指す謝依旻(しぇい・いみん)女流名人(27)は序盤から厳しい表情で盤上に没頭していた。戦前のインタビューで「大記録に挑めるのは光栄なこと。プレッシャーは重く感じますが、はね返して頑張るだけ」と述べ、挑戦者の藤沢里菜女流本因坊(18)については「私より強い」と公言してはばからない。“後継者”と指名しているように聞こえるが、まだまだ女王の座を譲り渡すつもりはないだろう。

 三番勝負は第1局を勝った方が圧倒的有利になる。女流名人戦に限っても、過去28期で第1局に負けてそのあと連勝したケースは3回しかない。ちなみに謝女流名人は、4連覇を達成した第23期に経験している。

 力のこもった戦いはスローペースで進み、午後3時を過ぎた。前譜最終手☆(○のなかに△)と切った局面を、解説者の瀬戸大樹八段は「白が流れを変えるのに成功しました。厚みの好きな謝さんの得意の碁形になりました」と観測した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 三番勝負第1局(3)流れつかむも謝が痛恨の一手
  • 三番勝負第1局(3)流れつかむも謝が痛恨の一手
  • 三番勝負第1局(3)流れつかむも謝が痛恨の一手

「ライフ」のランキング