産経ニュース

【きのうきょう】娘の物干しざお

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【きのうきょう】
娘の物干しざお

 仙台市若林区 高橋とし子 58 パート

 去る3月、次女の大学の卒業式に夫と出席した。夫婦で式に臨むのは、長女の幼稚園入園以来、二十数年ぶりのことだった。

 普通乗用車に布団と着替え、日用品を積めるだけ積んで、まるで夜逃げのように親子3人で次女の入学する大学のある神奈川県厚木市を目指して車を走らせてから4年…。

 今年2月。娘はテレビもこたつもベッドも持たない暮らしを満喫して、4年間を過ごしたアパートを引き払った。冷蔵庫、洗濯機、電子レンジと家電品が増えたうえ、夫はもう運転はしたくないというので引っ越しはすべて業者に任せた。

 突然の雨と風に見舞われ、買った物干しざおを泣きながら担いで帰った話を自慢げに教えてくれた娘。1人暮らしは少しずつ彼女を大人にしていった。部屋には何も残さないよういわれていたが、丁寧に拭かれた物干しざおだけはそのまま置いてきた。今頃、新しい入居人が洗濯物を干しているかもしれない。

「ライフ」のランキング