産経ニュース

一流選手の感覚に迫る「アスリート展」

ライフ ライフ

記事詳細

更新


一流選手の感覚に迫る「アスリート展」

 テレビのマラソン中継を見ていると、よく歩道でランナーと併走する一般観衆が映り込む。全力で走ってもなかなか追いつけない様子に、一流ランナーの速さを改めて認識したりする。

 2121デザインサイト(東京都港区)で開催中の「アスリート展」でも、世界の一流選手のパフォーマンスを少し、体感できる。「驚異の部屋」という名の展示室に入ると、本物のアスリートの動きをもとに作成した実寸大のプロジェクション映像が、壁面に投影されているのだ。

 100メートルを9秒58(世界記録)で走り抜ける速さとは。フルマラソンを2時間2分57秒(同)で走ると、どのくらいのスピードなのか。2メートル45センチのバーを越える走り高跳び選手は、どんな動きをしているのか…。いずれも超人的な身体能力に驚くばかりだが、本展を企画したディレクターのひとりで男子400メートルハードルの日本記録保持者、為末大さんは「アスリート性は誰にでもある」という。

続きを読む

「ライフ」のランキング