産経ニュース

歩いてポイントゲット 埼玉県「健康マイレージ」スタート 医療費抑制効果狙う

ライフ ライフ

記事詳細

更新


歩いてポイントゲット 埼玉県「健康マイレージ」スタート 医療費抑制効果狙う

「県コバトン健康マイレージ」事業で使用する歩数計と読み取り機器=4日、埼玉県庁 「県コバトン健康マイレージ」事業で使用する歩数計と読み取り機器=4日、埼玉県庁

 原則18歳以上の住民が対象で、参加は無料。東松山▽狭山▽深谷▽越谷▽入間▽朝霞▽久喜▽富士見▽三郷▽鶴ケ島▽日高▽白岡▽毛呂山▽滑川▽小川▽吉見▽横瀬▽東秩父▽宮代▽杉戸-の20市町村が4月から、川越▽坂戸▽幸手▽嵐山-の4市町が7月以降に開始する。美里は町独自の事業と連携する。

 このほか、大手スーパー「ヤオコー」など民間3社と協会けんぽ埼玉支部など4保険者も従業員や加入者向けに参加する。

 参加者は郵送やウェブ上で登録後、受け取ったデータ送信機能付き歩数計(送料494円)を、役場や保健センターなどに設置される読み取り機器にかざしてポイントをためる。ポイントは1日3千歩以上でたまり、歩数に応じて異なる。

 県産農産物や野菜ジュースなどが当たる抽選会は3カ月に1度実施し、初回は9月末を予定している。読み取り機器は当初300台で、29年度中に約600台設置する。予算は1億5千万円。問い合わせは事務局(電)0570・035810。

「ライフ」のランキング