産経ニュース

【第2期電王戦】(3)昼食休憩後、後手の佐藤名人は8四飛

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【第2期電王戦】
(3)昼食休憩後、後手の佐藤名人は8四飛

将棋の第2期電王戦第1局で、コンピューターソフト「PONANZA」と対局する佐藤天彦名人=1日午前、栃木県日光市の日光東照宮 将棋の第2期電王戦第1局で、コンピューターソフト「PONANZA」と対局する佐藤天彦名人=1日午前、栃木県日光市の日光東照宮

 日光東照宮で1日午前10時から行われている、佐藤天彦名人(29)と将棋ソフトのPONANNZAによる「第2期電王戦二番勝負」(ドワンゴ、日本将棋連盟主催)第1局は昼食休憩を終え、午後1時半、再開された。

 佐藤名人は再開前から対局場に着座し、盤面を見つめ、考えていた。再開後の手番は後手番の佐藤名人で、15ほど分長考し、8五の飛車を8四に引いた。

 持ち時間は各5時間で、佐藤名人がこれまで3時間以上消費しているのに対し、PONANZAは1時間にも達していない。対局は同日夜には決着する。

関連ニュース

「ライフ」のランキング