産経ニュース

ギャンブル依存症「パチンコ」最多 アクセス良さなど原因か

ライフ ライフ

記事詳細

更新


ギャンブル依存症「パチンコ」最多 アクセス良さなど原因か

首相官邸で開かれたギャンブル依存症対策に関する関係閣僚会議。右端は菅官房長官=31日午前 首相官邸で開かれたギャンブル依存症対策に関する関係閣僚会議。右端は菅官房長官=31日午前

 厚生労働省は31日、ギャンブル依存症の実態調査のため成人2200人を対象とした面接調査の結果を発表した。回答した993人のうち、生涯で依存症の経験が疑われる26人(2.7%)を分析した結果、最もお金を使ったギャンブルは「パチンコ・パチスロ」と答えた人が16人で最多だったことが分かった。

 調査を担当した国立病院機構久里浜医療センター(神奈川県横須賀市)の樋口進院長は記者会見で「店舗数が多く店が身近にあるといったアクセスの良さや、競馬や競輪などと異なり、いつでも遊べるのが原因ではないか」としている。

 厚労省によると、生涯で依存症が疑われる状態になったことがあるのは男性20人、女性6人の計26人。

 最もお金を投入したのは「パチンコ・パチスロ」16人のほか、「賭けマージャン・賭け将棋」と「競馬」が各2人、「競輪」が1人だった。残り5人は「ギャンブルはあまりしない」としたにもかかわらず、依存症疑いと指摘された。

「ライフ」のランキング