産経ニュース

「聖徳太子」「鎖国」が復活 呼称変更に批判…現行表記に 新学習指導要領が告示

ライフ ライフ

記事詳細

更新


「聖徳太子」「鎖国」が復活 呼称変更に批判…現行表記に 新学習指導要領が告示

次期学習指導要領の用語 次期学習指導要領の用語

 文部科学省は31日付で、小中学校の次期学習指導要領と幼稚園教育要領を官報に告示する。2月に公表した中学校の改定案で現行の「聖徳太子」を「厩戸王(うまやどのおう)」に変更したが、学校現場に混乱を招くなどとして現行の表記に戻す。新指導要領は幼稚園は平成30年度、小学校は32年度、中学は33年度から全面実施される。

 現行では小中学校とも「聖徳太子」を授業で扱うと例示しているが、改定案では、人物に親しむ小学校で「聖徳太子(厩戸王)」、史実を学ぶ中学で「厩戸王(聖徳太子)」に変更した。

 ただ、改定案公表後のパブリックコメントで呼称変更への批判が相次いだことなどから現行に戻すことを決めた。

 改定案で消えた江戸幕府の対外政策である「鎖国」については、幕末の「開国」との対応関係に配慮して「鎖国などの幕府の対外政策」などとする。小中の学習の連続性を重視する観点から、「モンゴルの襲来(元寇(げんこう))」を「元寇(モンゴル帝国の襲来)」、「大和政権(大和朝廷)の成立」を「大和朝廷(大和政権)による統一の様子」とする。

 新指導要領では小学校高学年で英語を教科化する。

「ライフ」のランキング