産経ニュース

【囲碁】十段戦第2局 井山裕太連勝で防衛にあと1勝

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【囲碁】
十段戦第2局 井山裕太連勝で防衛にあと1勝

十段戦第2局で勝ち、対局を振り返る井山裕太十段=30日午後、大分県宇佐市の宇佐神宮 十段戦第2局で勝ち、対局を振り返る井山裕太十段=30日午後、大分県宇佐市の宇佐神宮

 産経新聞社主催の囲碁タイトル戦「森ビル杯 第55期十段戦五番勝負」の第2局が30日午前9時半から、大分県宇佐市の宇佐神宮で行われ午後5時25分、井山裕太十段(27)=六冠=が160手までで、余正麒七段(21)に白番中押し勝ちし、連勝で防衛にあと1勝とした。持ち時間は各3時間で、残りはともに1分。第3局は4月6日に長野県大町市で行われる。

 国宝を有する宇佐神宮内で、ほとんど使用されることのない「勅使の間」での対局。余の黒25が思い切った打ち方で熱戦は始まった。さらに黒41も工夫した一着だった。

 対する井山は白48から黒の断点を追及し、中央の黒模様を消していく。このあとの黒55は、「130(55の左斜め下)と中央を大事にしたほうがよかったのでは」(解説の中小野田智己九段)という余の疑問手。すかさず井山が、白56切りから模様を制限した。

 右辺白72から76と中央を手厚くした井山の打ちぶりが冷静だった。さらに白102トビで「左上から上辺一帯にかけて60目くらいの地ができ、優勢になった」(中小野田九段)。左辺黒103の余の勝負手に対しても、104から108まで鮮やかな対応で、黒地を増やさせなかった。井山は緩むことなく右辺の白130、132と黒地を荒らしたのが決め手となってさらに差を広げ、勝利を確定させた。

 ■井山十段の話 「白98ツケから左上を囲い、大きく減らされなければ勝てそうかと。来週すぐに第3局があるので、次も自分らしく打ちたい」

 ■余七段の話 「黒41ツケはやってみたかった手。下辺95コスミが敗着でしょう。(黒95のとき)上辺黒102と打つべきだった」

「ライフ」のランキング