産経ニュース

介護施設の高齢者虐待408件 過去最多を更新

ライフ ライフ

記事詳細

更新


介護施設の高齢者虐待408件 過去最多を更新

厚生労働省のある中央合同庁舎5号館 厚生労働省のある中央合同庁舎5号館

 特別養護老人ホームなどの介護施設で平成27年度、職員による高齢者への虐待が確認されたのは408件と、26年度(300件)と比べ108件(36%)増え過去最多を更新したことが21日、厚生労働省の調べで分かった。増加は9年連続で、被害者が死亡した例も初めて起きた。家族や親族による高齢者虐待も前年度より237件増の1万5976件。厚労省は「通報件数も増えており、高齢者虐待の認識が深まったのではないか」としている。

 調査は厚労省が高齢者虐待防止法に基づき、18年度から毎年実施している。

 複数の入所者に身体拘束を行うなど1件で複数の被害者がいる事案があり、施設職員による虐待の被害者は778人。虐待の内容(複数回答)は「身体的虐待」が61・4%と最多で、「心理的虐待」27・6%、「介護放棄」12・9%。広島市の認知症グループホームで2階から転落した入所者に救命措置を行わななかった「介護放棄」による死亡が1例あった。

 一方、家族や親族による虐待被害者は1万6423人。虐待者は息子(約40・3%)が最も多く、夫(21%)、娘(16・5%)が続いた。

「ライフ」のランキング