産経ニュース

【教育動向】東大の推薦、また<定員割れ>も…国立大はさらに拡大へ

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【教育動向】
東大の推薦、また<定員割れ>も…国立大はさらに拡大へ

今春の大学入試も、国立大学の後期日程が続々と結果発表が行われ、最終盤を迎えています。そんななか、国立大学でも推薦やAOなどで、早々に合否を決めた受験生がいます。推薦・AOなどは今後、大学入試が大きく変わる2021(平成33)年度に向けて、国立大学でも定員を徐々に拡大していくものと見られます。ところで国立大学の推薦・AOなどといえば、2016(平成28)年度に東京大学が推薦入試を、京都大学が特色入試を同時に導入したことが注目を集めました。2年目の状況は、どうなったのでしょうか。

京大は志願者がさらに増える

東大の推薦入試は、学部を決めない一般入試と違って、学部ごとに5~10人程度の募集定員が設定されており、全学で計100人程度となっています。推薦できるのは、各高校から男女1人ずつ。科学オリンピックをはじめとした全国レベルの大会・コンクールや語学の資格・検定試験の高成績者など、学部によって推薦要件が指定されています。そのうえ、大学入試センター試験で「8割以上の得点」を取ることが必須です。

ただ、入学後に学部を選べないことや、推薦要件か高すぎると受け止められたことなどから、初年度の出願者は173人、合格者は77人にとどまりました。2年目の2017(平成29)年度も、出願者は初年度と同数の173人(ただし出願校数は増加)、合格者は71人と、2年連続の<定員割れ>になりました。

一方、京大の特色入試は、学部によって「学力型AO」型、「推薦」型、「後期日程」型があります。2016(平成28)年度は全学の募集定員計108人に対して、616人が志願(うち法学部324人)。合格者は82人でした。2017(平成29)年度は定員145人に対して861人が志願し、こちらは東大と対照的に、好調のようです。後期日程に合わせた法学部(定員20人)を除いても既に97人が合格しています。

続きを読む

「ライフ」のランキング