産経ニュース

不整脈は突然死や脳梗塞原因に 健診で指摘なら心電図検査を

ライフ ライフ

記事詳細

更新


不整脈は突然死や脳梗塞原因に 健診で指摘なら心電図検査を

 健康診断などで不整脈と指摘されたことのある人は多いのでは? 不整脈は健康な人でも起こるが、突然死の引き金になったり脳梗塞の原因になったりすることがある。健診で指摘された人はまずは専門医にきちんと診断してもらい、自分のタイプにあった対策をとることが勧められる。(平沢裕子)

命取りとなることも

 心臓は通常、1分間に60~80回の規則的なリズムで拍動を繰り返しているが、このリズムが不規則になった状態を不整脈と呼ぶ。杏林大医学部付属病院循環器内科の副島京子教授は「不整脈の症状や体に与える影響はいろいろ。多くの不整脈は治療する必要のない軽いものだが、中には命にかかわったり重い後遺症となったりする危険なものがある」と指摘する。

 不整脈は大きく分けると、脈拍が速くなる「頻脈」と、遅くなる「徐脈」、さらに脈が飛ぶ「期外収縮」がある。頻脈になるとドキドキと動悸(どうき)がし、動悸が強くなると心臓が十分な血液を送り出せなくなり、吐き気や冷や汗が出たり、意識が遠くなったりする。逆に徐脈が続くと、体を動かすときに息切れするようになり、極端に遅くなるとめまいがしたり意識がなくなって倒れたりする。

続きを読む

このニュースの写真

  • 不整脈は突然死や脳梗塞原因に 健診で指摘なら心電図検査を

「ライフ」のランキング