産経ニュース

【知ってる?!】新生活ガス活用術(3)親子で料理を始めてみよう

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【知ってる?!】
新生活ガス活用術(3)親子で料理を始めてみよう

子供が料理への興味を持ち始めた年齢 子供が料理への興味を持ち始めた年齢

 子供と一緒に料理を作ったことがあるだろうか。東京ガスの都市生活研究所が平成26年にまとめた調査によると、親子で料理を「したい」「ややしたい」と答えた母親は約9割、父親も約6割を占めた。子供の側も小学生で約9割が親と料理を作りたいと答えている。

 ところが、実際の頻度は「週に1日以上」の母親は26・2%、父親は18・5%にとどまった。「時間や気持ちに余裕がない」「料理が得意でない」など理由はさまざまだが、「親子で料理をしたいができない」という家庭は意外に多いようだ。

 子供が料理に興味を持ち始めるのは5歳が最多。親子で料理を始めた年齢も5歳が最も多かった。年齢が上がるにつれて親と一緒に料理を作りたいという気持ちは薄らいでいく。親子で料理ができる期間は意外と短いことが分かる。

 子供が包丁でけがをすることや、火の扱いを心配する親は少なくない。ただ、危ないからと遠ざけていてはいつまでたっても正しい使い方を習得できない。

 春は何かを始めるのにちょうどいい時期。最初は混ぜたり、こねたりするだけでも、料理する姿をみせたり、味見をさせたりするだけでもいい。親子向け料理教室に参加してみるのも一案だ。一緒に料理をすることでコミュニケーションも図れる。大切なのは子供の興味の芽を摘まないことだろう。(取材協力 東京ガス)

「ライフ」のランキング