産経ニュース

【マキャベリ流-是非に及ばず】NOBUNAGA(15) はるかな実力差のある相手にはあらゆる手段で友好せよ

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【マキャベリ流-是非に及ばず】
NOBUNAGA(15) はるかな実力差のある相手にはあらゆる手段で友好せよ

 《この君主は容姿ことのほか美しく堂々として、武器を執っても勇猛、どのような大事にもびくともされず、栄光を追及(求)し国家を獲得するために休みなく邁進(まいしん)、疲れも知らず危険もものともされません。ひとたび兵を起こされるや神速果敢、兵士の心もよく掴んでおられ、周囲にイタリア最良の武者たちを集めておられます。生まれながらに備わった良い御運に加えてこの御器量ですから、常に勝利を収め、敵に恐れられておいでなのです》(※1)

 文中の「イタリア」を削除すれば「信長について」と題しても通用するのではないか。他者をみること辛辣(しんらつ)至極な日ごろのお師匠様に似合わず「ベタ褒め」の観がある。この君主こそ、チェーザレ(カエサル=皇帝と同義)・ボルジアである。

 お師匠様は当時、フィレンツェから東へ約110キロのところにあるウルビーノに特派されていた。そこで初対面したチェーザレはまだ27歳。彗星(すいせい)のごとくイタリア史に登場し、破竹の勢いでフィレンツェ共和国と国境を接するイタリア中部の各地方を支配下におさめていた。

続きを読む

「ライフ」のランキング