産経ニュース

【聞きたい。】センテンススプリング率いる新谷学さんの心構え 『「週刊文春」編集長の仕事術』

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【聞きたい。】
センテンススプリング率いる新谷学さんの心構え 『「週刊文春」編集長の仕事術』

 「うちがいかに『ど真ん中』なのか分かりますよね」と苦笑する。

 本書には、人間関係の構築と情報収集、企画を立てる発想、難攻不落の相手の心をいかに開かせるか…。多様なビジネスに通じる技が記される。だが、「おもしろがる気持ちの方が大切だ」と強調する。

 著者が顔写真を公表しないのは、編集長が雑誌の前に出すぎる弊害を防ぐためという。この一冊に通底する思いは、表紙裏にある。「みなさんが、それぞれのバッターボックスで『フルスイングしてみようか』という気持ちになってくれたら著者として最高にうれしい」(ダイヤモンド社・1400円+税)

 川村達哉

                   ◇

【プロフィル】新谷学(しんたに・まなぶ) 昭和39年生まれ。東京都出身。早大政治経済学部卒。平成元年に文芸春秋に入社。「週刊文春」の記者4年、デスク5年を経験。24年から同誌編集長。

「ライフ」のランキング