産経ニュース

【自慢させろ! わが高校】熊本高校(下)「げんこつ」で強まる絆

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【自慢させろ! わが高校】
熊本高校(下)「げんこつ」で強まる絆

熊本高校名物「げんこつ」を体育祭で繰り広げる生徒 熊本高校名物「げんこつ」を体育祭で繰り広げる生徒

 「熊高生諸君、元気あるかーっ」

 年明け。熊本市内の居酒屋に、熊本高校OBたちの威勢の良い声が響いた。グループ全員が立ち上がる。両手で拳を握り、両肩の近くに添える。

 げんこつ、げんこつ、ワッショイ、ワッショイ!

 両手両足を同時に曲げ伸ばししながら、声を掛ける。体力ギリギリまで粘り、最後に「オー、オーッ」と両手で天をつく。

 一体感がぐっと増す。その場に、熊高出身の記者もいた。

 「げんこつ」と呼ばれ、熊高の名物だ。部活動の試合の応援などで、生徒全員で繰り広げる。

 歴史は昭和29年にさかのぼる。

 「熊中・熊高百年史」などによると、野球部の試合中に誕生した。対戦相手の高校が人文字など応援に工夫を凝らした。ところが熊高には、することがない。さて困ったぞ、というとき、ある柔道部員が前に出て、即興で作ったと伝わる。

 卒業式でも行われる。「ちょっと待ったー」。体育館2階のカーテンの影など、予期せぬ場所から「隊長役」の生徒が飛び出すと、全員で応じる。

 古江宣尚教頭(52)によると、10年ほど前から、体育祭で「隊長」が運動場の台の上に立つと、全生徒が周りに殺到し、げんこつを繰り広げるのが、お決まりになったという。

続きを読む

「ライフ」のランキング