産経ニュース

【天皇陛下譲位】国会見解 関係者「ベストじゃないがベター」「憲法上の疑義残る」 なお課題も

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【天皇陛下譲位】
国会見解 関係者「ベストじゃないがベター」「憲法上の疑義残る」 なお課題も

天皇陛下の譲位に関する特例法制定の国会見解を安倍晋三首相に提出後、会見する大島理森衆院議長(中央右)と伊達忠一参院議長(同左)ら=17日午後、国会内(斎藤良雄撮影) 天皇陛下の譲位に関する特例法制定の国会見解を安倍晋三首相に提出後、会見する大島理森衆院議長(中央右)と伊達忠一参院議長(同左)ら=17日午後、国会内(斎藤良雄撮影)

 天皇陛下の譲位に関し、一代限りの特例法を柱とする国会見解が17日、正式にまとまった。法案提出前の与野党合意という異例の展開をたどった譲位をめぐる議論は今後、再び政府の有識者会議に移る。専門家ら関係者は国会見解を大筋で評価する一方、なお課題を指摘する声もある。

 「与野党の折衷案は、ベストではないがベター。完全無欠の策がない中、自民党が数で押し切らず、最も合意できそうなところで落ち着いた」

 日本大の古川隆久教授は国会見解を前向きに受け止めた。その上で「反対の党派がある以上、政府が国会案を基に法案を出した場合も国会で改めて議論すべきだ」と付け加えた。

 京都産業大の所功名誉教授も国会見解を肯定的にみる一方、将来の天皇の譲位について「国会がその都度、判断する」とした点には疑問を呈し「高齢による譲位という状況が生じるたびに国会で議論すれば混乱する。皇室会議に諮ればよいことを特例法に書き込んでほしい」と話した。

 「国会見解では、特例法の提案理由に関する議論が詰め切れていない」と指摘するのは、有識者会議で「譲位反対」の意見を述べた麗澤大の八木秀次教授。「陛下のご意向」と切り離した理由がなければ譲位に憲法上の疑義が残るとし、「国民の理解」を提案理由の1つとした点も「天皇の地位が世論の動向に左右される理屈が作られる。制度に穴がないよう慎重な検討を」と求めた。

 陛下の元同級生、明石元紹氏は、陛下が恒久的な制度を望まれているのを聞いていた立場から、皇室典範の改正を主張していた民進党が妥協したことに首をかしげ、「政争の具にしないというが、国会は議論をする場。少数意見であっても考えを貫き通してほしかった」と訴えている。

「ライフ」のランキング