産経ニュース

【イギリスブランド上陸(1)】ウイスキーの島「アイラ」に出来たビール醸造所 「死ぬまでに飲みたいビール300」にランクイン

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【イギリスブランド上陸(1)】
ウイスキーの島「アイラ」に出来たビール醸造所 「死ぬまでに飲みたいビール300」にランクイン

ピートの利いたスモーキーなアイラ・エールズの新商品「キルホーマン・エール」 ピートの利いたスモーキーなアイラ・エールズの新商品「キルホーマン・エール」

 これをベースに、ウイスキー醸造所「キルホーマン」のモルトも使い、ピートの利いたスモーキーな「キルホーマン・エール」は今年の新商品として注目されている。

 (2)フォーピュア(www.fourpure.com)

 「ここまでホップを意識したブルワリーはなかった」。そう言われるのが2013年にロンドンにできた「フォーピュア」。「原点回帰」をコンセプトに、(1)モルト(2)酵母(3)ホップ(4)水-の4つの原料を尊重し、醸造の原則を忠実に守ることから名付けられた。

 「ホップをより利かせ、苦味の強いビールが好まれる時代」。新たな潮流へのこだわりは品質管理にもおよび、缶入りを定番とする。缶は気密性が高く、光を通さないためだ。

 トロピカルフルーツ風味のホップを利かせたインディアンペールエール(IPA)の「シェイプ・シフター」や、モルトとホップの新たな融合で香ばしさと果実風味をバランスよく合わせた赤褐色のレッドエール「フラティロン」が話題。

 (3)ワイルド・ビア(www.wildbeerco.com)

 リンゴ果樹園が広がるイギリス南西部サマセットで果物や野生酵母を使い、モルトとホップ、酵母、水のほかに第5の原料を加えて新たなビールを生産している醸造所がある。「ワイルド・ビア」。発酵と熟成にこだわり、伝統や既存のルールに縛られず、次世代のクラフトビールを目指す。

続きを読む

このニュースの写真

  • ウイスキーの島「アイラ」に出来たビール醸造所 「死ぬまでに飲みたいビール300」にランクイン
  • ウイスキーの島「アイラ」に出来たビール醸造所 「死ぬまでに飲みたいビール300」にランクイン
  • ウイスキーの島「アイラ」に出来たビール醸造所 「死ぬまでに飲みたいビール300」にランクイン
  • ウイスキーの島「アイラ」に出来たビール醸造所 「死ぬまでに飲みたいビール300」にランクイン
  • ウイスキーの島「アイラ」に出来たビール醸造所 「死ぬまでに飲みたいビール300」にランクイン
  • ウイスキーの島「アイラ」に出来たビール醸造所 「死ぬまでに飲みたいビール300」にランクイン

「ライフ」のランキング