産経ニュース

【ソロモンの頭巾】長辻象平 高校生の挑戦 地域の環境問題に知恵絞る

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【ソロモンの頭巾】
長辻象平 高校生の挑戦 地域の環境問題に知恵絞る

第2回全国ユース環境活動発表大会。山本公一環境相(前列中央)も出席した(環境再生保全機構提供) 第2回全国ユース環境活動発表大会。山本公一環境相(前列中央)も出席した(環境再生保全機構提供)

 北海道から沖縄までの高校生が身近な自然を見詰めて動植物への理解を深めたり、山野や水辺で進む諸問題の改善を通じて地域の活性化に貢献したりした成果を披露する「全国ユース環境活動発表大会」が東京都内の国連大学で開かれた。応募96校から選ばれた16校が一堂に会しての開催だ。環境省と環境再生保全機構などの主催で、今年が2回目。若い世代の発想はチャレンジングで頼もしい。

                   ■

 宮城県農業高校の科学部復興PTは、3・11の巨大津波の塩害が残る土地での環境修復型農業の定着を目指す。塩分に強い中国原産の野バラ・刺梨(ツーリー)の植樹で風を防ぎ、昆虫や土壌微生物相を豊かにした。刺梨の実を使った「バラの果実茶」も商品化され、好評だ。

 瀬戸内海の海底ごみの解決に取り組む岡山市の山陽女子中学・高校の地歴部は川を流下するプラスチックゴミが、新たな環境問題・マイクロプラスチックの一部となることを地元の人々に紹介した。国際会議にも参加して海のごみ問題を世界と共有中だ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 長辻象平 高校生の挑戦 地域の環境問題に知恵絞る

「ライフ」のランキング