産経ニュース

ウメ輪紋ウイルス感染…600本伐採へ 横浜市、一部樹木の持ち出し禁止

ライフ ライフ

記事詳細

更新


ウメ輪紋ウイルス感染…600本伐採へ 横浜市、一部樹木の持ち出し禁止

ウメ輪紋ウイルスに感染し、まだら模様が入ったウメの葉(農林水産省横浜植物防疫所提供) ウメ輪紋ウイルスに感染し、まだら模様が入ったウメの葉(農林水産省横浜植物防疫所提供)

 横浜市内で昨年6月、ウメやモモなどの果樹に被害をもたらす「ウメ輪(りん)紋(もん)ウイルス」に感染したウメの木が発見されたことを受け、県は同市港北区と鶴見区の一部地域からウメやモモの持ち出しを原則禁止すると発表した。県は今月以降、感染した果樹の伐採を開始する方針。

 ウメ輪紋ウイルスは、国内では平成21年4月に東京都青梅市で初めて確認。兵庫県、大阪府、岐阜県など12都府県で感染が確認されている。ウイルスに感染すると、まだら模様に葉が変色し、成熟前に果実が落下するなどの被害が出る。

 本県内では21年7月に小田原市で感染が確認され、今回が2例目となる。小田原市では約170本が伐採された。

 ◆農家にも被害

 県によると、小田原市では感染拡大が見られなかったため、伐採のみが行われ、持ち出し禁止などの措置はとられなかったという。このため、持ち出し禁止措置は、今回が県内初となる。

続きを読む

このニュースの写真

  • ウメ輪紋ウイルス感染…600本伐採へ 横浜市、一部樹木の持ち出し禁止

「ライフ」のランキング