産経ニュース

【書評】習近平の「夢」は終わる 『トランプvs中国は歴史の必然である 近現代史で読み解く米中衝突』石平著

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【書評】
習近平の「夢」は終わる 『トランプvs中国は歴史の必然である 近現代史で読み解く米中衝突』石平著

『トランプvs.中国は歴史の必然である』 『トランプvs.中国は歴史の必然である』

アメリカが太平洋を越えて本格的にアジアにやって来たのはアヘン戦争後で、ヨーロッパ諸国に出遅れたため、「門戸開放、機会均等」という名で分け前を主張した。さらに、先の大戦に至るまでの米国による日本潰しをなぞりながら、トランプ政権が本気で中国潰しを行うと読む。「習近平幕府」にとっての「黒船」もやはり太平洋の向こうからやってくると石氏はいうのである。

 20世紀に入ってからというもの、「中国」は帝国から民国、共和国へと国体が二転三転する混乱状態だった。そして改革開放後の共和国の繁栄は、グローバリズムのおかげだとも言われている。

 今、習近平が「自由貿易」をことさら公言しているのは、グローバリズム衰退による存亡の危機感に根ざしているのではないだろうか。

 つまり習近平の「夢」は終わることになるのである。(産経新聞出版・1300円+税)

 評・黄文雄(評論家)

「ライフ」のランキング