産経ニュース

【書評】習近平の「夢」は終わる 『トランプvs中国は歴史の必然である 近現代史で読み解く米中衝突』石平著

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【書評】
習近平の「夢」は終わる 『トランプvs中国は歴史の必然である 近現代史で読み解く米中衝突』石平著

『トランプvs.中国は歴史の必然である』 『トランプvs.中国は歴史の必然である』

 トランプ米大統領の登場による波紋は、隣接諸国だけでなくEUやアジアにも及び、対日中露関係が注目される。中でも米中関係は「一つの中国」問題や、習近平国家主席による「中華民族の偉大なる復興」というチャイナ・ドリームとトランプによる「アメリカ・ファースト」が対立している。本書はこれをトランプ・ショックとして読み解き、トランプ政権の「中国潰し」戦略を分析している。

 著者は中国経済の成長はすでに終わっているという。トランプとの経済戦争で米国資本は米国に戻り、中国資本も米国に逃げていくから、中国経済は骨の髄までしゃぶられると予測する。

 確かに中国は今、経済力が衰退している。その上、軍事力が突出していてもソフトパワーがない。中国がいかに覇権の野望を持っていようが、米国覇権には永遠に取って代わることはできないだろう。

 私と著者は生まれ育った国が違うため、中国史について歴史観が異なる部分があるが、「米中対決の歴史的必然」の分析には多々共鳴するところがあった。著者は歴史を振り返りながら、「いかなる勢力であれアジアの独占は許さない」という米国のアジア政策を読み解く。

続きを読む

「ライフ」のランキング