産経ニュース

【維新伝心 150年】鍋島直正(上)/師・古賀穀堂と二人三脚の藩政改革/近代日本のひな型は佐賀に

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【維新伝心 150年】
鍋島直正(上)/師・古賀穀堂と二人三脚の藩政改革/近代日本のひな型は佐賀に

 近代国家・日本のひな型は、佐賀にあった。幕末の日本で、近代化にもっとも成功したのは肥前佐賀藩だった。10代藩主の鍋島直正(1815~1871)は、「富国強兵」「殖産興業」だけでなく、さきの大戦後の農地改革を先取りするかのような政策まで実行した。この開明的な名君を育てたのは、儒学者の古賀穀(こく)堂(どう)(1778~1836)だった。

 文化5(1808)年、1隻の帆船が、佐賀藩の運命を大きく変えた。「フェートン号事件」だ。

 イギリス軍艦フェートン号はオランダ船を偽装し、長崎にやってきた。

 当時オランダは、フランス皇帝ナポレオンの統治下にあり、英国侵攻の拠点となっていた。英蘭両国はいわば戦争状態にあった。

 フェートン号の乗組員は、オランダ商館員をだまして人質に取ると、日本側に薪や食料を要求した。

 長崎港の警備は佐賀藩と福岡藩が交代で担当することになっていた。この年は佐賀藩が担当だった。

 だが、経費節約のため、大半の兵を引いており、英国側の要求を呑むしかなかった。大失態だった。

 幕府の出先機関である長崎奉行の松平康英は切腹、9代目佐賀藩主、鍋島斉(なり)直(なお)(1780~1839)も謹慎処分を受ける。

続きを読む

このニュースの写真

  • 鍋島直正(上)/師・古賀穀堂と二人三脚の藩政改革/近代日本のひな型は佐賀に

「ライフ」のランキング