産経ニュース

【シングル時代】高齢者に人気の「海外ロングステイ」 魅力的な生活費の安さや「終活」テーマの会合も

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【シングル時代】
高齢者に人気の「海外ロングステイ」 魅力的な生活費の安さや「終活」テーマの会合も

終活を議題にした会に集まる日本人の高齢者ら=2016年10月、タイ・チェンマイ市内(共同) 終活を議題にした会に集まる日本人の高齢者ら=2016年10月、タイ・チェンマイ市内(共同)

 東南アジアなどに長期滞在して余暇を過ごす「海外ロングステイ」の人気が続く。定年後に充実した生活を送る人が多い半面、ついのすみかを前提に移住した人たちの高齢化が進み、病気や介護、一人暮らしでの孤独死の問題が深刻化。企業や現地の滞在者らで、解決に向けた取り組みが始まり、介護用品の販売や健康管理などのシステム構築に取り組む企業も出てきた。

遺族探し難航

 タイ北部チェンマイで2016年6月下旬、70代の日本人男性の葬儀が行われた。定年後に移住、1人で暮らす部屋で倒れ、1週間後に発見。家族との関係が20年以上、途絶えていたため遺族探しが難航し、火葬まで2カ月を要した。

 隣室に住んでいた70代の日本人女性は「礼儀正しく優しい人だった。ただ、深い付き合いを避けていた印象がある。一歩、踏み込んで交流できていれば」と振り返った。

 在チェンマイ日本総領事館によると、タイ北部の日本の長期滞在者は約3100人で、半数近くが60歳以上。現地での死者は増え、16年は38人に上った。遺族が葬儀などに来なかったケースが半数を超える。

続きを読む

このニュースの写真

  • 高齢者に人気の「海外ロングステイ」 魅力的な生活費の安さや「終活」テーマの会合も

「ライフ」のランキング