産経ニュース

【STOP!メタボリックシンドローム】ブロッコリー新芽で肥満抑制 脂肪細胞褐色化→エネルギー消費増大

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【STOP!メタボリックシンドローム】
ブロッコリー新芽で肥満抑制 脂肪細胞褐色化→エネルギー消費増大

 ブロッコリーの新芽(ブロッコリースプラウト)に含まれる成分・スルフォラファンに、肥満を抑制する効果があることを金沢大の研究グループが明らかにした。脂肪細胞の褐色化を促進してエネルギー消費を増大させ、高脂肪食による“肥満型”腸内細菌叢(そう)を改善することから、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に起因する生活習慣病の予防効果も期待されている。(宮田奈津子)

体重増加15%抑制

 研究を行ったのは金沢大脳・肝インターフェースメディシン研究センターの太田嗣人准教授と長田直人助教、カゴメの共同グループ。成果は今年2月、米国糖尿病学会の学会誌「Diabetes(ダイアベティス)」オンライン版に掲載された。

 スルフォラファンはブロッコリースプラウトに多く含まれる。細胞内の酸化・還元バランスを調節する分子・Nrf2を活性化して解毒作用や抗酸化力を高め、がんの予防につながることが先行研究で知られていた。

 一方、過食や肥満が酸化・還元バランスの崩れに関与していることも分かってきたことから、太田准教授はスルフォラファンの肥満に対する効果に着目した。

続きを読む

このニュースの写真

  • ブロッコリー新芽で肥満抑制 脂肪細胞褐色化→エネルギー消費増大

「ライフ」のランキング