産経ニュース

【就活本番】面接解禁まで3カ月の短期決戦、今年も「売り手市場」

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【就活本番】
面接解禁まで3カ月の短期決戦、今年も「売り手市場」

合同企業説明会に参加するリクルートスーツ姿の就活生ら=1日午前、大阪市住之江区(彦野公太朗撮影) 合同企業説明会に参加するリクルートスーツ姿の就活生ら=1日午前、大阪市住之江区(彦野公太朗撮影)

 大学生らの就職活動が1日、本格的にスタート。学生は面接の解禁までわずか3カ月の短期決戦に挑む。人手不足感が強まる中、今年も学生有利の「売り手市場」が続いており、企業が内定を出す時期も前倒しになる傾向にある。

 経団連は平成30年卒の就活日程について、企業や学生の混乱を避けるため、29年卒と同じ日程にした。採用選考に関する指針では、選考のための面接や試験の解禁を6月1日としている。正式な内定の解禁は10月1日。

 人材サービス会社「アイデム」(東京)の調査によると、企業の約7割が解禁の6月より前に面接を実施するとしており、指針の形骸化も指摘される。

 企業は会社説明会の解禁に先立ち、学生に仕事や業界に関心を持ってもらおうとインターンシップ(就業体験)も相次いで実施している。

「ライフ」のランキング