産経ニュース

アイヌ遺骨、ルーツ調査でDNA研究 協会と札幌医大が覚書 「事前説明なし」と発掘地域アイヌは反発

ライフ ライフ

記事詳細

更新


アイヌ遺骨、ルーツ調査でDNA研究 協会と札幌医大が覚書 「事前説明なし」と発掘地域アイヌは反発

 北海道内で遺跡調査などの際に発掘されたアイヌ民族の遺骨が、アイヌのルーツを調べるDNA研究に使われていたことが26日、関係者への取材で分かった。北海道アイヌ協会が、遺骨を保管する札幌医大(札幌市)と覚書を交わし、研究も了承。ただ発掘地域のアイヌは、覚書や研究について知らされていないと反発している。

 アイヌの遺骨を巡っては2012年以降、研究目的で保管していた北海道大に子孫らが返還を求めて提訴。昨年、札幌地裁で和解が成立し、遺骨を地元で再埋葬した。原告側は「アイヌにはコタン(集落)で死者を弔う習慣がある」と主張。アイヌ協会元幹部は今回の研究をコタンの子孫とみられる人に「一切周知していない」としており、遺骨の扱いが議論を呼びそうだ。

 札幌医大によると、千歳市や浦河町、平取町などで発掘された約250の遺骨を保管。10年から国立科学博物館の研究者と山梨大大学院の教授が古い身元不明の骨約100個でDNAサンプルを採取した。人類の移動を調べ、アイヌが北海道に先住していたことを証明する目的という。

「ライフ」のランキング