産経ニュース

【第29期女流名人戦】リーグ戦第10局(2)鈴木に不可解な一着

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【第29期女流名人戦】
リーグ戦第10局(2)鈴木に不可解な一着

鈴木歩七段 鈴木歩七段

 黒 三 段 奥田 あや

 白 七 段 鈴木  歩

 【52~100】持ち時間各3時間

 先番(黒)6目半コミ出し

 鈴木歩七段(33)は昨年33勝をあげた。女流棋士の勝ち星ランキングでは、藤沢里菜女流本因坊(18)と2勝差の2位と活躍した。一方、奥田あや三段(28)は13勝13敗の五分で、本人にしてみれば不満が残るシーズンだったろう。

 対戦成績は奥田三段の6勝4敗。女流名人戦ではこれまで6戦(奥田の4勝2敗)しているが、鈴木七段にとって奥田三段は鬼門といえる。第22、25期リーグ戦ではいずれも奥田三段に半目負けを喫し、挑戦権を逸している。

 白52のカタツキから中央の攻防をめぐって、難解な競り合いが展開された。白58のボウシは、鈴木七段が狙ったこの一手である。

 「黒63では黒90、白63、黒Aと運びたい」と解説の楊嘉源九段。黒67のアタックは、白68の反撃以下白78まで黒の不発に終わった。

 解説者が「どうにも不可解」と指摘したのが、鈴木七段がノータイムで打った白88。黒Bには白Cで、直接黒から切断する手はないところ。白88では参考図、白1のカケが第一感。続いて黒2なら白3で、黒は大ピンチ、生きは容易に見つからない。たとえ黒がもがいて生きても、外側の白が鉄壁となり、勝敗は決していた。

続きを読む

このニュースの写真

  • リーグ戦第10局(2)鈴木に不可解な一着
  • リーグ戦第10局(2)鈴木に不可解な一着

「ライフ」のランキング