産経ニュース

乳がんリスク検査を30万円から2万円にコストダウン 遺伝研が新手法を開発

ライフ ライフ

記事詳細

更新


乳がんリスク検査を30万円から2万円にコストダウン 遺伝研が新手法を開発

 乳がんや卵巣がん発症の可能性が高まるとされる遺伝子の異常を低コストで調べることができる新たな検査法を、国立遺伝学研究所(静岡県三島市)の井ノ上逸朗教授(人類遺伝学)らが開発し、国内の特許を出願したことが11日、同研究所への取材で分かった。

 新たな手法は、一度に大人数を調べるため1人当たりのコストを下げることができ、現在1人約20万~30万円の検査費用を2万円程度まで抑えられる。

 井ノ上教授は「家族や親族に乳がんや卵巣がんを発症した人がいる場合は、遺伝子検査で早期発見につながる。費用が安ければ多くの人が検査を受けられる」と話しており、2年をめどに実用化し、保険適用も目指す。ただ遺伝子に異常が見つかっても発症のリスクは人によって異なるため、専門家による丁寧な検査結果の説明が必要となる。

 検査で調べるのはBRCA1、BRCA2という遺伝子。本来はがんを抑制する働きをするが、異常があると十分に機能せず、遺伝性の乳がんや卵巣がんを発症するリスクが高まるとされる。

「ライフ」のランキング