産経ニュース

作家の三浦朱門さんが死去 91歳 元文化庁長官 妻は曽野綾子さん 夫婦で正論大賞受賞

ライフ ライフ

記事詳細

更新


作家の三浦朱門さんが死去 91歳 元文化庁長官 妻は曽野綾子さん 夫婦で正論大賞受賞

三浦朱門さん=2011年11月 三浦朱門さん=2011年11月

 元文化庁長官で作家の三浦朱門(みうら・しゅもん)さんが3日午前6時50分、肺炎のため、亡くなった。91歳。葬儀・告別式は近親者で営んだ。喪主は妻で作家、曽野綾子(その・あやこ=本名・三浦知寿子=みうら・ちずこ)さん。

 大正15年、東京生まれ。「朱門」の名前はイタリア文学者だった父・三浦逸雄氏が十二使徒の一人、シモン・ペテロから付けたという。旧制高知高校を経て、東大文学部卒。

 昭和26年に「画鬼」(のちに「冥府山水図」)を発表し、「第三の新人」の一人として活躍。28年に同人仲間だった曽野綾子さんと結婚した。42年、「箱庭」で新潮社文学賞を、58年には「武蔵野インディアン」で芸術選奨文部大臣賞を受賞。日大芸術学部では教授を務めた。エッセーも多く、著書は100冊を超える。「第四次元の小説」など、翻訳も手がけた。60~61年に文化庁長官を、63~平成6年に日本文芸家協会理事長を務めた。11年、正論大賞。同年、文化功労者にも選ばれている。16年から26年まで、日本芸術院院長も務めた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 作家の三浦朱門さんが死去 91歳 元文化庁長官 妻は曽野綾子さん 夫婦で正論大賞受賞

「ライフ」のランキング