産経ニュース

【教育動向】運動部活動は今後どうなる

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【教育動向】
運動部活動は今後どうなる

もう1月も終わりですが、運動部に加入している中学1・2年生のお子さんは連日、寒さに負けず、活動に取り組んでいることでしょう。ところで運動部活動をめぐっては、その教育的意義が国内外で高く評価される一方、過熱化による体や勉強への悪影響、顧問となる教職員の多忙化など、心配も少なくありません。次期学習指導要領の在り方を検討していた中央教育審議会でも、部活動の扱いが課題になりました。部活動は今後、どうなるのでしょうか。

中学校の4割が土日に休養日を設けず

運動部活動をめぐっては、2016(平成28)年6月、教職員の多忙化解消策を検討していた文部科学省のタスクフォース(特別作業班、TF)が、生徒の健全な成長を促す観点からも、休養日の設定を徹底するなどの「大胆な見直し」を求めていました。

スポーツ庁が昨年12月に発表した2016(平成28)年度の「全国体力・運動能力、運動習慣等調査」(全国体力テスト)では、初めて部活動の休養日に関する質問項目を入れました。中学校のうち、学校の決まりとして部活動の休養日を設けていたのは77.6%と大半を占め、設けていないのは22.4%と4校に1校ほどでした。ただし、休養日が「週に1日」だけなのが半数を超えており、とりわけ土日に休養日を設けていない中学校が42.6%もありました。ただ、質問紙調査の回答期限が6月末だったこともあり、TFの提言後、さらに休養日を見直した学校もあったことでしょう。

スポーツ科学の観点からも、適切な休養日を設けることは、競技力向上に不可欠です。今後の調査結果と、更なる見直しが期待されます。

続きを読む

「ライフ」のランキング