産経ニュース

進化する抱っこひも 成長に合わせて調整、父親らも使いやすいように

ライフ ライフ

記事詳細

更新


進化する抱っこひも 成長に合わせて調整、父親らも使いやすいように

エルゴベビーの新作「ベビーキャリア アダプト」。内側のクッションが新生児の頭部を支える(上)。成長したらクッションを引き出して使う エルゴベビーの新作「ベビーキャリア アダプト」。内側のクッションが新生児の頭部を支える(上)。成長したらクッションを引き出して使う

 赤ちゃんの抱っこひもが使いやすく進化している。成長に合わせて調節できたり、ベビーカーに固定できたり。母親だけでなく、父親ら育児に携わる人みんなが使いやすいように配慮された商品が多い。(高橋天地)

 形を変えて

 米メーカー「エルゴベビー」の抱っこひもは、クッション性のある肩ベルトと幅の広い腰ベルトで赤ちゃんの重みを分散させ、長時間の使用でも疲れないのが特徴。従来の主力商品は、新生児に使用する際、専用のクッションを使う必要があったが、昨年4月に一体型の「ベビーキャリア アダプト」(2万3760円~)を発売した。

 エルゴベビー製品を扱うベビー用品販売「ダッドウェイ」(横浜市)のブランドマネジャー、栗田京子さんは「クッションで赤ちゃんをくるむ作業が難しいという声に応えた。赤ちゃんに合わせて製品の形自体も“成長”し、フィット感をより充実させた」と話す。

 新商品は、折りたたまれた首回りのクッションが新生児の首と頭を支える。身長が伸びてきたら、クッションを引き出して後頭部を支える。

続きを読む

このニュースの写真

  • 進化する抱っこひも 成長に合わせて調整、父親らも使いやすいように
  • 進化する抱っこひも 成長に合わせて調整、父親らも使いやすいように
  • 進化する抱っこひも 成長に合わせて調整、父親らも使いやすいように
  • 進化する抱っこひも 成長に合わせて調整、父親らも使いやすいように

「ライフ」のランキング