産経ニュース

【マンスリー将棋 動画も】佐藤名人対局 今春の電王戦注目

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【マンスリー将棋 動画も】
佐藤名人対局 今春の電王戦注目

第2期電王戦への出場を決めた佐藤天彦名人 第2期電王戦への出場を決めた佐藤天彦名人

 今年の将棋界は、今春開催される第2期電王戦の名人対最強コンピューターソフトの対局が大きな注目を集めそうだ。

 第2期電王戦に出場するのは、第2期叡王戦で優勝した佐藤天彦名人(29)。昨春の第1期電王戦で、山崎隆之八段(35)に2連勝したソフト「Ponanza」と初対局に臨む。対戦相手のソフトは既に手元に届き、人間では指さない手を指すこともあるソフトの特性をつかむため時間をみて練習対局に励んでいる。

 プロ棋士とソフトが5対5の団体戦形式で戦った過去3回の電王戦について「自分から出たいと言わなかったし、出てくれとも言われなかった」と振り返る佐藤名人。「これまでの電王戦を見ると、回を追うごとにソフトが強くなっていることを実感する。厳しい戦いになることは覚悟していますが、プレッシャーを感じながらも一生懸命がんばりたい」と決意を明かす。

 平成19年、渡辺明竜王(32)がソフトと対局したのを契機に棋士とソフトの対戦が始まり、電王戦に発展。この10年で劇的な進化を遂げてきたソフトが名人を超えるのか、将棋ファンならずとも目が離せない。

 今年は、タイトル獲得通算97期を数える羽生善治棋聖(46)=王位・王座=の100期の大台達成にも期待が高まる。女流棋界では、今春開幕のマイナビ女子オープンが話題を呼びそうだ。里見香奈女流5冠(24)=女流王座・女流名人・女流王位・女流王将・倉敷藤花=がタイトルに挑戦して奪取し初の全6冠制覇を達成するか、注目されそうだ。(藤田昌俊)

「ライフ」のランキング