産経ニュース

【視線】神話「アマテラス」が現代芸能「よみ語り」とコラボ 700年26代の伝統を誇る能・金剛流の挑戦 編集委員・安本寿久

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【視線】
神話「アマテラス」が現代芸能「よみ語り」とコラボ 700年26代の伝統を誇る能・金剛流の挑戦 編集委員・安本寿久

 日本初の挑戦は2月5日、金剛能楽堂で「神話競演 アマテラス」として行われる。共通テーマとして選んだのは最高神で皇祖神、天照大(御)神だ。能では「絵馬」の後シテとして登場し、天の石屋戸隠れの故事を再現する。前半部の伊勢神宮の絵馬掛け行事とともに、天下泰平を寿ぐ内容である。浅野さんが演じるのは「天照大神ものがたり」。石屋戸隠れの場面とともに、アマテラスが伊勢神宮に祭られる経緯を皇女ヤマトヒメの視点でよみ語っていく。

 現代語で語られるアマテラスの後で舞われる「絵馬」の味わいや、いかに。700年、26世代の歴史を誇る能の挑戦に注目したい。(やすもと としひさ)

                   

 「神話競演 アマテラス」は5日午後2時から。前売り6千円。チケットぴあ((電)0570・02・9999)で発売中。問い合わせは金剛能楽堂((電)075・441・7222)。

「ライフ」のランキング