産経ニュース

皇居で恒例の「講書始の儀」

ライフ ライフ

記事詳細

更新


皇居で恒例の「講書始の儀」

「講書始の儀」で毛里和子・早稲田大学名誉教授から講義をお受けになる天皇、皇后両陛下=11日午前、皇居・宮殿「松の間」(代表撮影) 「講書始の儀」で毛里和子・早稲田大学名誉教授から講義をお受けになる天皇、皇后両陛下=11日午前、皇居・宮殿「松の間」(代表撮影)

 天皇、皇后両陛下が年頭にあたり、学界の第一人者から講義を受けられる恒例の「講書始の儀」が11日、皇居・宮殿「松の間」で行われた。皇太子さまをはじめ皇族方も陪席し、「人文科学」「社会科学」「自然科学」の3分野の講義に耳を傾けられた。

 今年の進講者とテーマは、塩川徹也・東大名誉教授(71)の「人は今を生きることができるか-パスカルの時間論」、毛里和子・早稲田大名誉教授(76)の「当代中国研究-系譜と挑戦」、榊佳之・東大名誉教授(74)の「ゲノムから見た人間、人間社会」。

このニュースの写真

  • 皇居で恒例の「講書始の儀」
  • 皇居で恒例の「講書始の儀」
  • 皇居で恒例の「講書始の儀」

「ライフ」のランキング