産経ニュース

在宅医療の費用 民間の保険活用で負担軽減

ライフ ライフ

記事詳細

更新


在宅医療の費用 民間の保険活用で負担軽減

 入院せず自宅などで療養する在宅医療。ふくらみ続ける国民医療費を抑制するため、政府は入院患者の早期退院を促しており、高齢者を中心に今後ますます広がる見通しだ。生活費や介護費がかさむ場合もあり、民間の医療保険特約を活用することで在宅医療に関わる経済的な負担の軽減に備えられる。(玉崎栄次)

 ◆回数減らしても…

 在宅医療は、外来と入院に次ぐ「第三の医療」として注目されている。背景にあるのが、政府による国民医療費の抑制施策だ。高齢化の進展に伴い、医療費は平成25年度に40兆円を突破。政府は医療機関に対し、入院期間の短縮を促す一方、在宅医療の普及を進めている。末期がんなど重症患者が自宅で療養するケースも少なくない。

 厚生労働省の推計によると、26年に在宅医療を受けた患者は1日当たり約15万6千人に上り、17年(約6万5千人)の2・5倍近くに達している。

 医療費は、国の高額療養費制度によって自己負担の上限が定められている。上限額は年齢や収入によって異なるが、70歳以上の場合、在宅医療など外来にかかる費用は現時点で、最大4万4400円を超える支払いが免除される。

続きを読む

このニュースの写真

  • 在宅医療の費用 民間の保険活用で負担軽減

「ライフ」のランキング