産経ニュース

「高齢者」は75歳以上 日本老年学会など提言、65~74歳は社会の支え手

ライフ ライフ

記事詳細

更新


「高齢者」は75歳以上 日本老年学会など提言、65~74歳は社会の支え手

高齢者の定義について記者会見する日本老年学会などの関係者=5日午後、東京都千代田区 高齢者の定義について記者会見する日本老年学会などの関係者=5日午後、東京都千代田区

 高齢問題の研究者らでつくる日本老年学会などは5日、現在は65歳以上とされている「高齢者」の定義を75歳以上に見直し、前期高齢者の65~74歳は「准高齢者」として社会の支え手と捉え直すよう求める提言を発表した。医療の進歩や生活環境の改善で、10年前に比べ身体の働きや知的能力が5~10歳は若返っていると判断した。

 准高齢者は、仕事やボランティアなど社会に参加しながら、病気の予防に取り組み、高齢期に備える時期とされる。高齢者の定義見直しは、65歳以上を「支えられる側」として設計されている社会保障や雇用制度の在り方に関する議論にも影響を与えそうだ。

 平均寿命を超える90歳以上は「超高齢者」とした。学会によると、日本は50年以上前から国連機関の文書などに基づき、慣例的に65歳以上を高齢者としている。

このニュースの写真

  • 「高齢者」は75歳以上 日本老年学会など提言、65~74歳は社会の支え手

「ライフ」のランキング