産経ニュース

寝不足のとき甘いものが食べたくなるのには「理由」がありました 筑波大准教授ら調査

ライフ ライフ

記事詳細

更新


寝不足のとき甘いものが食べたくなるのには「理由」がありました 筑波大准教授ら調査

 寝不足になると甘い物が食べたくなる。よく知られた現象に関わる神経の働きの一端を、筑波大国際統合睡眠医科学研究機構のミハエル・ラザルス准教授らのグループが動物実験で明らかにし、英科学誌に発表した。

 研究では、レム睡眠が不足しているマウスではショ糖の摂食量が増えるのに対し、味や香りを判断する脳の「前頭前皮質」の神経活動を人為的に抑えると、レム睡眠不足でも摂取量は増えず、この部位の神経活動が糖分摂取への欲求を制御している可能性が示された。

「ライフ」のランキング