産経ニュース

フォークの聖地「つま恋」、営業終了 「思い出がなくなってしまう」名残惜しむ宿泊客 42年の歴史に幕

ライフ ライフ

記事詳細

更新


フォークの聖地「つま恋」、営業終了 「思い出がなくなってしまう」名残惜しむ宿泊客 42年の歴史に幕

「ヤマハリゾートつま恋」=静岡県掛川市(ヤマハ提供) 「ヤマハリゾートつま恋」=静岡県掛川市(ヤマハ提供)

 「フォークソングの聖地」と呼ばれた静岡県掛川市のリゾート施設「ヤマハリゾートつま恋」が25日、一般向け営業を終了し、42年の歴史に幕を閉じた。施設老朽化で修繕費がかさむ上、利用客も減少し業績不振に陥っていた。同日は満室で、多くの宿泊客らが名残を惜しんだ。

 「つま恋」は1974年開業。歌手の吉田拓郎さんが野外コンサートを開いた他、中島みゆきさんや円広志さんらを輩出した音楽コンテストのメイン会場として知られる。

 25日午前には、チェックアウト後に記念撮影したり、スタッフと懐かしい音楽談議に花を咲かせたりする客の姿が目立った。同県袋井市の会社員、北原俊さん(55)は「拓郎さんのコンサートを見た。思い出がなくなってしまうようだ」と悲しそうな表情で話した。

 予約済みの団体客と結婚披露宴のみ来年3月まで対応する。親会社のヤマハは、数社と譲渡交渉を進めており、ホテル運営会社「ホテルマネージメントインターナショナル」(神戸市)を有力候補に挙げている。

「ライフ」のランキング