産経ニュース

【くらしナビ】男性更年期、早めの対策を

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【くらしナビ】
男性更年期、早めの対策を

辻村晃さん 辻村晃さん

 ■疲れ、睡眠不足 心身の変化感じたら…

 働き盛りの男性で疲れやすい、やる気が起きないなど、これまでとは違う心身の変化を感じたら更年期対策を考えたい。加齢に伴う男性ホルモンの減少は性に関することはもとより、心と体にさまざまな変調をもたらす。ストレス、睡眠不足はリスクを高め、生活のリズムが変わりやすい年末年始は特に気を付けたい。(谷口康雄)

 ◆20代から減少

 男性ホルモンの代表格で全体の95%を占めるテストステロンは、性欲や性機能の維持をはじめ、骨や筋肉を作って強度を保ち、血液を作る働きがあるほか、認知機能に関与し、判断力や統率力などにも大きな影響を与える。分泌量は20代でピークに達し、徐々に減少する。テストステロンの低下によって起こる男性更年期障害はLOH症候群(加齢男性性腺機能低下症)と呼ばれる。

 泌尿器科医で順天堂大学医学部付属浦安病院の先任准教授、辻村晃さんは「LOH症候群は仕事や運動が以前のようにできないと訴える人が多い。男性ホルモンの低下で精液量や勃起力、性欲が落ちると、やる気や集中力も低下します」という。

 LOH症候群は、筋肉が衰え、疲労感が高まり、男性力の低下を感じさせる。骨密度が落ち、身長が低くなり、汗をかきやすく、ほてり、のぼせ、貧血や皮膚の乾燥のほか、寝付きが悪い、早く目が覚めるなどの睡眠障害も起こる。

続きを読む

このニュースの写真

  • 男性更年期、早めの対策を

「ライフ」のランキング