産経ニュース

「今年の新語2016」大賞は「ほぼほぼ」 辞書の三省堂が選ぶ「辞書に掲載されてもおかしくない新語」

ライフ ライフ

記事詳細

更新


「今年の新語2016」大賞は「ほぼほぼ」 辞書の三省堂が選ぶ「辞書に掲載されてもおかしくない新語」

小池百合子都知事も連発した「レガシー」は4位に=都庁(酒巻俊介撮影) 小池百合子都知事も連発した「レガシー」は4位に=都庁(酒巻俊介撮影)

 辞書を中心に展開している三省堂(東京都千代田区)は「今年の新語2016」で、一般から募った言葉の中から大賞に「ほぼほぼ」を選んだ。

 選評によると、「ほぼほぼ」(副詞)は、「ほぼ」の強調。選考委員の間でも「今年よく耳にした」という意見が多く、高い評価を得た。「ほぼほぼ」は、「国会会議録」によると、1949年にはすでに使用例がみられるという。それほど多くは使われていなかったが、90年ごろから増え、2010年代には顕著に。今では日常会話で使われる言葉として定着した。こうした経緯に加え、受賞のタイミングは今年しかないと判断した。 

 「今年の新語」は昨年から始まった。その1年を代表する日本語で、今後、辞書に掲載されてもおかしくないものが対象。候補となるのは「『今年特に広まった』と感じられる言葉」「自分自身や周りの人が、ふだんの会話などでよく使うようになった言葉」「流行語や時事用語、新しい文物」という。

 今年はウェブサイトやツイッターで投稿を募り、応募総数は延べ2834語(重複をのぞくと1182語)。三省堂で辞書を編纂(へんさん)している編集委員3人が選考委員となって審査し、3日に発表した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「今年の新語2016」大賞は「ほぼほぼ」 辞書の三省堂が選ぶ「辞書に掲載されてもおかしくない新語」

「ライフ」のランキング