産経ニュース

【原発避難先いじめ】新潟市教委、いじめ認め謝罪 教諭が「菌」、他の児童から「近くを通るな」

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【原発避難先いじめ】
新潟市教委、いじめ認め謝罪 教諭が「菌」、他の児童から「近くを通るな」

いじめについて謝罪する新潟市教委の高島徹教育次長(中央)ら=2日、同市役所(松崎翼撮影) いじめについて謝罪する新潟市教委の高島徹教育次長(中央)ら=2日、同市役所(松崎翼撮影)

 東京電力福島第1原発事故で、福島県から新潟市に自主避難している小学4年の男子児童が担任の40代教諭から「菌」を付けて呼ばれていた問題で、新潟市教育委員会は2日、会見を開き、学級内にいじめがあったことを認め、謝罪した。

 市教委によると、男子児童は11月17日、他の児童からボールを投げつけられたり「近くを通るな」というそぶりをされたりすると担任に相談。6月にもいじめについて担任に相談していた。担任はいずれもいじめに加わった児童を指導したが、学校には報告しなかったという。

このニュースの写真

  • 新潟市教委、いじめ認め謝罪 教諭が「菌」、他の児童から「近くを通るな」
  • 新潟市教委、いじめ認め謝罪 教諭が「菌」、他の児童から「近くを通るな」

関連ニュース

【原発避難先いじめ】「横浜市教委取り合わず」 生徒両親が苦言 学校対応、4年時に一変

「ライフ」のランキング