産経ニュース

【話の肖像画】庭園デザイナー・石原和幸(4)英国女王から「緑の魔法使い」

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【話の肖像画】
庭園デザイナー・石原和幸(4)英国女王から「緑の魔法使い」

2011年、「チェルシーフラワーショー」の会場で、エリザベス女王に東日本大震災の被災地の写真を見せる (石原和幸デザイン研究所提供) 2011年、「チェルシーフラワーショー」の会場で、エリザベス女王に東日本大震災の被災地の写真を見せる (石原和幸デザイン研究所提供)

 08年は「緑の扉」をテーマに、屋根も壁もドアも全部コケで覆い、真ん中に川が流れる秘密基地のようなものを造りました。「アーバンガーデン」部門で金メダルを取りました。

 10年には「風花」というテーマで出場しました。そのときにエリザベス女王に「あなたは緑の魔法使いね」という言葉をいただきました。ただしそのときは「ショーガーデン」部門で銀メダルでした。

 11年は東日本大震災が起こり、3月末に東北を回りました。ありえないくらいの被害でした。チェルシーでは、東北が被災する前の美しい姿を表現しようと「花の楽園」をテーマに出場しました。

 すると、エリザベス女王がまっすぐ僕の方に来られて「日本のために何かお手伝いすることはありませんか」と声をかけていただきました。僕は「この庭を持って帰っていいですか」とだけお願いしてみました。現在、その庭は、羽田空港の第1旅客ターミナルで展示されています。

 〈12~14年、史上初めて金メダルとベストガーデン賞をそれぞれ3年連続で獲得し、15年も金メダルだった〉

 今年は「千里千庭ガレージガーデン」で臨みました。都会は土地が狭いので、ガレージを造るために庭をつぶしますが、そうすると緑が減ってしまいます。じゃあ、ガレージと庭を一緒にしたら楽しい庭になるんじゃないかと考えました。これで金メダルと、600以上ある庭の中で最高賞にあたる「プレジデント賞」をいただきました。

 同じく都会の真ん中に造られた大阪の「うめきたガーデン」では、この庭を特別仕様で展示しています。(聞き手 中島高幸)

関連ニュース

【話の肖像画】庭園デザイナー・石原和幸(3)世界最高峰のショーに出場

「ライフ」のランキング