産経ニュース

「思い出の中に千葉パルコを」 営業最終日、買い物客300人が列

ライフ ライフ

記事詳細

更新


「思い出の中に千葉パルコを」 営業最終日、買い物客300人が列

閉店し、セレモニーで来客者らに挨拶をする上田店長ら=11月30日、千葉市中央区の千葉パルコ(牧山紘子撮影) 閉店し、セレモニーで来客者らに挨拶をする上田店長ら=11月30日、千葉市中央区の千葉パルコ(牧山紘子撮影)

 千葉市中央区の「千葉パルコ」が営業最終日を迎えた30日、買い物客らに見守られながら、40年の歴史に終止符を打った。

 この日は午前10時の開店を前に約300人が列を作った。大半の商品が半額以下となり、最大9割引で売り尽くすショップも。閉店間際には、オリジナルポストカードが配られた。千葉市若葉区の自営業、向井勝泰さん(55)は「千葉の若い人の文化がひとつ無くなったのではと心配している」と閉店を惜しんだ。

 午後8時40分ごろ、同店の上田昭二店長が「激励の言葉をもらい最終営業日を迎えることができた。思い出の中に千葉パルコを残してもらえれば幸いです」などとあいさつし、千葉市のシンボルの一つが幕を下ろした。跡地はマンションと商業施設を兼ね備えた高層ビルの建設が予定されている。

関連ニュース

そごう柏と西武旭川を9月末に閉店 セブン&アイが発表

「ライフ」のランキング