産経ニュース

【天皇陛下譲位】譲位「陛下のご真意を」 証言の旧友、理由語る 割れる専門家の意見

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【天皇陛下譲位】
譲位「陛下のご真意を」 証言の旧友、理由語る 割れる専門家の意見

 天皇陛下が「譲位」に関して恒久的な制度を望まれていることが30日、明らかになった。譲位の是非をめぐり、政府の有識者会議が同日までにヒアリングした専門家16人の意見が二分する中、同窓生の明石元紹氏(82)は「今のうちに、陛下のご真意を知ってもらいたかった」と今回証言した理由を打ち明けた。

 明石氏によると、陛下が明石氏に連絡を取られたのは7月21日夜。同13日夜に譲位のご意向が明らかになった後、明石氏がテレビの取材に、ご意向の背景として「皇后さまのご体調が悪いのではないか」と語ったのを知り、陛下は「皇后を心配し、譲位を訴えているように取られるので困る」と説明されたという。

 続けて譲位に関し、次世代も含めた恒久的な制度を望んでいるほか、大正天皇の前例を示して摂政に否定的な考えを示された。

 陛下は8月のビデオメッセージでも「象徴天皇の務めが常に途切れることなく、安定的に続いていくこと」を願う思いを込められていた。

 政府の有識者会議の3回にわたるヒアリングでは、高齢を理由にした譲位を容認する意見と、譲位を認めず、公務の負担軽減や摂政の設置、国事行為の臨時代行などで対応するよう求める意見が拮抗している。

 明石氏は「陛下は象徴の務めを果たせなくなれば、次に譲るしかないと考えられている。私的に打ち明けられた内容とはいえ、国民にもその真意を理解してほしかった」と強調した。

関連ニュース

【天皇陛下譲位】有識者会議ヒアリング終了 特措法に10人が反対、容認か否定的か専門家16人拮抗

「ライフ」のランキング