産経ニュース

愛子さま15歳 公務に相次いでご同行

ライフ ライフ

記事詳細

更新


愛子さま15歳 公務に相次いでご同行

9月から飼い始めた子猫の「セブン」をあやされる敬宮愛子さま=東京・元赤坂の東宮御所(宮内庁提供) 9月から飼い始めた子猫の「セブン」をあやされる敬宮愛子さま=東京・元赤坂の東宮御所(宮内庁提供)

 皇太子ご夫妻の長女、敬宮愛子さまは1日、15歳の誕生日を迎えられた。3年生となった学習院女子中等科では9月下旬から体調不良のため約1カ月半の間休んだが、現在は平常通りの登校に戻られている。宮内庁東宮職は最近のご体調について「多少のふらつきは残り、少し痩せられたが、心配するほどのことではない」としている。

 愛子さまは、さまざまな経験を積んでほしいとのご夫妻のご希望もあり、今春以降、公務などに同行する機会を増やされている。

 夏休み中の7月21日、奈良県橿原市にある初代・神武天皇の陵を初めてご参拝。8月1日に東京都内で「水の日」の記念行事、同11日には長野県松本市で国民の祝日「山の日」を祝う全国大会と、公的な式典に相次いで臨まれた。

 東宮職によると、9月に動物病院で保護されていた子猫の「セブン」を新たに譲り受け、愛子さまが世話をされている。同月下旬に体調を崩されるまでは、皇太子さまのジョギングに伴走し、ご夫妻とともにテニスを楽しまれることもあったという。

 中等科では、5月11~14日に修学旅行で広島県などをご訪問。平和記念公園で原爆死没者慰霊碑や原爆ドームを見学したほか、語り部から被爆体験を聞き、戦争の悲惨さと平和の尊さを改めて学ばれたという。

関連ニュース

皇太子ご一家、神武天皇陵をご参拝 愛子さまは初めて

「ライフ」のランキング