産経ニュース

【暮らしの注意報】なぜ韓国にならうのか 「中国産」→「米国製造」産地隠し可能に 産地表示の義務化に疑問噴出

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【暮らしの注意報】
なぜ韓国にならうのか 「中国産」→「米国製造」産地隠し可能に 産地表示の義務化に疑問噴出

義務化のワカメは偽装はびこる

 すでに原産地表示が義務化されている22食品群の1つであるワカメは、価格の安い中国産や韓国産を「国産」と偽る産地偽装が繰り返されているのが現状だ。しかも、表示の義務化以降も国内生産は増えておらず、生産者自身が偽装に手を染めるなど深刻な問題となっている。

 こうした例外表示は、すでに表示が義務化されている22食品群と4品目には適用されないが、新たに義務化される食品では、過去に国産を使った実績があれば、現商品に国産が使われていなくても「国産」と表示できる。つまり、取りまとめでは、その気になれば偽装ができ、それが違反にならないわけだ。真面目に取り組んでいる国内生産者ほど割を食う可能性が今から指摘されている。

 そもそも、取りまとめで示された「輸入、国産」と「輸入または国産」の「、」と「または」で、実は意味が違うことをどれだけの人が理解できるだろうか。私自身、何度も資料を読み返しているが、いまだに「、」と「または」の違いがなかなか頭に入らない。

 この取りまとめ(案)をめぐっては、全国消費者団体連絡会が9月6日と10月11日に反対する意見書を発表するとともに、11月7日に衆議院第一議員会館で院内集会を開催、「表示の正確性を担保し、消費者にとって誤認がない表示とすべき」と国会議員に訴えた。また、加工食品の製造事業者が集まる食品産業センターと全国食品産業協議会がこの制度に反対する要望書を農水相に提出しているほか、総合スーパーなどの業界団体、日本チェーンストア協会も「消費者の混乱を招く」などとして、慎重な検討を求める意見書を同月21日に公表した。

 こうした意見に耳を傾け、政府は今一度、見直しを検討すべきではないだろうか。

このニュースの写真

  • なぜ韓国にならうのか 「中国産」→「米国製造」産地隠し可能に 産地表示の義務化に疑問噴出

関連ニュース

【食の安全を問う】「輸入または国産」=「全世界産」じゃないの? 加工食品の原産国表示義務化で「中国産への不信感」払拭できるか

「ライフ」のランキング