産経ニュース

【鳥インフル】シロフクロウ2羽から高病原性 秋田市大森山動物園

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【鳥インフル】
シロフクロウ2羽から高病原性 秋田市大森山動物園

 秋田県は30日、秋田市大森山動物園で23日に死んだシロフクロウ2羽から、高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6型)が検出されたと発表した。同園ではコクチョウ3羽も高病原性が確定しており、計5羽となった。

 県によると、死んだシロフクロウ2羽は、園内の動物病院で飼育していた。このため病院内で飼育中のニホンイヌワシなども高病原性に感染していないか鳥取大で検査している。

関連ニュース

【鳥インフル】人への感染リスク低く「加熱して食べれば問題ない」

「ライフ」のランキング