産経ニュース

【天皇陛下譲位】憲法学者らヒアリング詳報 5人中4人が譲位容認 高橋和之東大名誉教授「特例法も憲法上可能」

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【天皇陛下譲位】
憲法学者らヒアリング詳報 5人中4人が譲位容認 高橋和之東大名誉教授「特例法も憲法上可能」

天皇陛下の譲位をめぐる有識者会議は3回にわたり計16人の専門家からヒアリングを行ったが、賛否は拮抗していた=30日午前、首相官邸(斎藤良雄撮影)臨む麗澤大学教授の八木秀次氏(中央)=30日午前、首相官邸(斎藤良雄撮影) 天皇陛下の譲位をめぐる有識者会議は3回にわたり計16人の専門家からヒアリングを行ったが、賛否は拮抗していた=30日午前、首相官邸(斎藤良雄撮影)臨む麗澤大学教授の八木秀次氏(中央)=30日午前、首相官邸(斎藤良雄撮影)

 「超高齢化社会における天皇のあり方として、長期間、病の床に伏せられたりした場合は、天皇の尊厳そのものさえ侵されかねないことから、従来の終身制は維持しつつ、あくまで高齢化社会の到来に対応すべく、例外的に譲位を認めるべきである。皇室典範に例外的な譲位を認めるための根拠規定を置き、それに基づいて特別法を制定し、高齢により公務を自らすることができないときは、その意思に基づき、皇室会議の議を経て譲位を認めるべきだ」

 --象徴としての活動は他の皇族方に委ねることは可能か

 「象徴としての行為は象徴としての地位に基づくものであり、理論上、他の皇族方に委任することは困難であり、高齢により困難となれば、できる限り限定していくことが必要だ」

 --天皇の意思を主観的要件とすることは憲法4条に抵触しないのか

 「当事者の意思を確認する意味合いであり、積極的に国政に関与するものではないので憲法には反しない」

 --高齢化の問題はいつの時代にもあったのではないか

 「医学が進歩した現代においては、病床にあっても長期間ご在位なさることがありうるなど、高齢化の意味合いが昔とは変わってきた」

続きを読む

関連ニュース

【阿比留瑠比の極言御免・特別版】譲位を政争の具にするな! 有識者会議に異論唱える民進&朝日に漂う嫌な空気

「ライフ」のランキング