産経ニュース

第32回正論大賞に木村汎氏、新風賞に井上和彦氏

ライフ ライフ

記事詳細

更新


第32回正論大賞に木村汎氏、新風賞に井上和彦氏

第32回正論大賞の木村汎氏 第32回正論大賞の木村汎氏

 自由と民主主義のために闘う「正論路線」を発展させた言論活動に対して贈られる正論大賞に、北海道大学名誉教授の木村汎(ひろし)氏(80)が決まった。また新進気鋭の言論人に贈られる正論新風賞にはジャーナリストの井上和彦氏(53)が選ばれた。

 正論大賞は今回が32回目となる。木村氏は旧ソ連時代の昭和52年から本紙「正論」欄の執筆メンバーとして、ロシアに関する重厚な論文を発表し続けている。クレムリンの内情と歴史の徹底した研究から、プーチン大統領を含めた指導者像を精緻に描くことで巨大国家の実像を浮かび上がらせている。ロシアに対する一貫したぶれのない姿勢も評価の対象となった。

 新風賞は17回目。井上氏は徹底した現地取材で安全保障・軍事・外交の諸問題を分析。講演会やテレビ番組では重い主題を軽妙な語り口でわかりやすく伝え、保守論壇に新しい風を巻き起こした。

 2氏ともに産経新聞「正論」欄の執筆メンバー。正論大賞の正賞はブロンズ彫刻「飛翔」(御正進(みしょうすすむ)氏制作)で副賞は賞金100万円、新風賞の正賞は同「ソナチネ」(小堤良一(おづつみりょういち)氏制作)で副賞は賞金50万円。贈呈式は来年2月20日、都内で行われる。

このニュースの写真

  • 第32回正論大賞に木村汎氏、新風賞に井上和彦氏

関連ニュース

【正論】安倍晋三首相がいま博打に出る必要は少しもない ロシアの「対日戦術」を見極めよ 北海道大学名誉教授・木村汎

「ライフ」のランキング